イカメタルリールのおすすめ【鉛スッテ】

イカメタルで使うリールのおすすめについてご紹介しています。

 

リールは、スピニングリールとベイトリールのどちらでもよいです。

 

軽いイカメタルスッテならスピニングリールの方が、重いものならベイトリールの方が適しています。

 

また、スピニングリールは素早くレンジを探れ、ベイトリールはレンジコントロールがしやすいです。

 

どちらのリールにも、それぞれメリットがあります。

 

経験者の中には、うまくリールを使い分けている人も。

 

スポンサーリンク

 

 

リールの大きさですが、スピニングリールなら2500番クラス、ベイトリールなら小型タイプがおすすめです。

 

ハイギアタイプでもよいです。

 

 

私は、水深が一目でわけるカウンター付きのリールが欲しくなり、少し前にリールを購入しました。

 

購入したのは、シマノの「バルケッタ BB 300HG」です。

 

PEのラインの色を見るよりも、正確で早いので大変便利です。

 

スピニングリールにこだわりがないのなら、カウンター付のベイトリールをおすすめします。

 

シマノの「バルケッタ BB 300HG」

 

 

 

他には、ダイワの「ソルティストICS 103SH」がおすすめです。

 

軽量コンパクトボディに、巻き上げスピードまでが表示される優れものです。

 

 

 

他に、次のようなリールがおすすめです。

 

 

 

スピニングリールでは、シマノの「BB-X ラリッサ 2500DHG」がおすすめです。

 

「BB-Xラリッサ」シリーズの特徴は、何と言っても軽量デュアルブレーキレバーが付いていることです。

 

このタイプは、磯釣りに使われることが多いです。

 

イカメタルでは、フォール中の当たりに対して、レバーを使うことで、素早く合わせることができるという大きなメリットがあります。

 

うまく使いこなせれば、釣果アップにつながります。

 

 

 

他に、次のようなリールがおすすめです。

 

 

アマゾンで他のスピニングリールを調べる!

 

アマゾンでベイトリールを調べる!

 

人気のあるラインをAmazonランキングで調べる!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「イカメタルのラインの太さ(号数)とおすすめ【鉛スッテ】

ホーム