タルイカジギングの仕掛けと釣り方

エギング

タルイカジギングの仕掛けと釣り方

最近は、イカをルアーで釣る方法が大人気です。

 

アオリイカのエギングやマイカの鉛スッテは、特に注目が集まっています。

 

実は、タルイカもジグで釣れるのです。

 

 

タルイカと言えば、70cmや80cm級がよく釣れる大型のイカです。

 

そのパワーはと言えば、凄まじいものがあります。

 

大型の青物以上ではないかと思うほどです。

 

そのタルイカをジグで誘って釣るというのですから驚きです。

 

スポンサーリンク

 

具体的に、どのようにして釣るのかをご紹介します。

 

タルイカジギングの仕掛け(ロッド、リール、ジグなど)

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

タルイカジギング 仕掛け

 

 

ロッド

 

タルイカゲーム専用ロッドをおすすめします。

 

ただ、タコロッドやライトジギングロッド、タイラバロッドでも代用できます。

 

長さは7ft前後で、150〜200gのジグをかけられるロッドがよいです。

 

 

リール

 

小〜中型のベイトリールがよいです。

 

電動リールでもよいです。

 

 

ライン

 

ラインはPEの1.5〜2.5号を使います。

 

200〜300mは巻いておいてください。

 

 

リーダー

 

フロロカーボンの8〜12号5〜10mほど用意しておきます。

 

 

ジグ

 

タルイカ用ジグの150〜200gを使います。

 

カラーはグロー系、クリア系が定番です。

 

乗合船などでは、周りの人と違ったカラーを使うのが釣果アップのためのひとつの手です。

 

 

タルイカジギングの釣り方・誘い方

 

棚は船長の指示に従うのですが、だいたいは70〜80mと深いです。

 

もちろん、その棚を中心に探っていきます。

 

 

ジギングのようにワンピッチジャークで誘いをかけます。

 

ゆっくり誘いをかけ、ジグをしっかりアピールします。

 

たまに大きなシャクリを入れてもよいです。

 

何回か誘った後に、20秒以上のロングステイをします。

 

止まっている時に乗ってくることが多いです。

 

ステイする時間は、その時の状況にもよりますが、30秒以上待つこともあります。

 

きっちりとステイさせなければ、乗らないと思っておいた方がよいです。

 

そのため、ロッドをうまく操作して船の揺れを打ち消すようにします。

 

それぐらいステイが重要です。

 

 

フォールも釣果に直結してきます。

 

速さや幅、テンションフォール、フリーフォールなど、いかにタルイカにアピールできるかでも釣果に差が出ます。

 

いろいろと工夫してみてください。

 

 

タルイカは、基本的にマイカなどのようにたくさんいるわけではありません。

 

そのため、タルイカがいる棚を的確に攻めないと釣れません。

 

当たりがなければ、棚をどんどん変えて反応をみていきます。

 

釣れる棚がどんどん変わるので、粘り強く棚を探っていくしかありません。

 

 

当たりは、ロッドが大きく曲がるようなものもありますが、小さな繊細なものもあります。

 

どちらの場合も、しっかりと合わせて掛けてください。

 

タルイカは、強烈なジェット噴射で逃げようとします。

 

ラインが細いだけに無理は禁物です。

 

ドラグ調整をして、タルイカを弱らせながら慎重に巻き上げてください。

 

大物になると、釣り上げるのに結構な時間がかかります。

 

 

タルイカはツガイで行動することが多いので、ヒットした棚をもう1度狙います。

 

そうすれば連続ヒットする確率が上がります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「タルイカジギング おすすめのロッド・リール・ジグ

ホーム

 

 

ライトジギングロッド