マイカ・スルメイカ釣りに必要な釣り具!

エギング

マイカ・スルメイカ釣りに必要な釣り具(船)

船でイカを釣る場合、たくさんの釣具を揃えないといけません。

 

今までに船で魚釣りしたことがある人は、使える釣具があるかもしれません。

 

ここでは、私が実際に使っている釣具を紹介しています。

 

釣り方や釣りに行く地域によっても、違っている可能性があります。

 

私は、主に京都府や福井県でイカ釣りをしています。

 

参考にしてみてください。

 

船釣り イカ釣り 釣具

 

船によっては、釣り具一式(竿と電動リールなど)を貸してくれるところもあります。

 

おそらく有料だと思います。

 

釣具が揃うまでは、借りるという手もあります。

 

スポンサーリンク

 

 

竿(ロッド・タックル)

船釣り イカ釣り 竿 ロッド タックル

 

念のために、予備の竿を持って行っています。

 

竿の選び方はこちら!

 

 

電動リール

船釣り イカ釣り 電動リール

 

電動リールや糸の選び方はこちら!

 

スポンサーリンク

 

 

クーラーボックス

船釣り イカ釣り クーラーボックス

 

クーラーボックスの選び方についてですが、マイカ・スルメイカ釣りに使うだけなら、それほど大きなものは必要ありません。

 

今までの経験から、35リットルがベストだと考えています。

 

鉛スッテやティップランなら、もっと小さくてもよいです。

 

何回か、満タンになって入らなくなったことがありますが、正直これ以上持って帰っても、どうすることもできないくらいの量になります。

 

大漁の時のことを考えて、もっと大きなクーラーボックスを持って行っても問題はありません。

 

材質や頑丈さなどによって、価格が大きく異なりますので、あとは予算の範囲内で探せばよいと思います。

 

 

アマゾンで他のクーラーボックスを見る!

 

 

仕掛け

船釣り イカ釣り 仕掛け スッテ

 

お祭りなどで、使えなくなる可能性があります。

 

念のため、最低でも3セットは持って行った方が無難です。

 

 

ロッドホルダー

船釣り イカ釣り ロッドホルダー

 

船に竿を固定しておくために必要なものです。

 

最近は、船に搭載されていることが多いです。

 

事前に確認し、搭載されているのであれば不要です。

 

搭載されていない場合は、購入する必要があります。

 

アマゾンでおすすめのロッドホルダーは?

 

 

バッテリー

船釣り イカ釣り バッテリー

船釣り イカ釣り 小型バッテリー

 

上の写真:電動リールのコードを使うタイプ

 

下の写真:コードを使わずに直結して使うタイプ

 

 

これがないと、電動リールが使えません。

 

船によっては、電動リールを使えるようになっています。

 

事前に確認しておくことが必要です。

 

電動リールが使えない場合は、自身でバッテリーを用意しなければなりません。

 

バッテリーの選び方はこちら!

 

 

オモリ

船釣り イカ釣り オモリ 集魚オモリ

 

潮の流れなどによって、どのオモリを使うのかが変わってきます。

 

念のために、いろいろな号数のオモリを持っていく必要があります。

 

私は、30号から100号までのオモリ(2個ずつ)を持って行きます。

 

オモリは、集魚オモリでなくてもよいです。

 

 

ペンチまたははさみ

船釣り イカ釣り ペンチ

 

仕掛けやPEを切るのに使います。

 

 

レインウエア

船釣り イカ釣り レインウエア

 

雨が降るとわかっている時は当然ですが、それ以外の時も念のために持っていきます。

 

天気予報が外れて、急に雨になることもあるからです。

 

また、マイカ・スルメイカは釣り上げると、墨を吐くことがあります。

 

服を汚したくないのなら、レインウエアを着用しておくとよいです。

 

寒い時に、レインウエアを着れば寒さをしのぐこともできます。

 

いろいろと役に立ちます。

 

アマゾンでレインウエアを調べる!

 

 

ライフジャケット

船釣り イカ釣り ライフジャケット

 

乗船には、ライフジャケットの着用が義務付けられています。

 

自分の命を守るという点からも、ライフジャケットを用意しておいた方がよいです。

 

ただ、釣り船によっては、ライフジャケットを無料で貸してくれるところがあります。

 

購入するのが嫌な人は、事前に確認しておいてください。

 

Amazonランキングで人気のライフジャケットは?

 

 

 

氷が付いているのかどうかは、船によって異なります。

 

有料のところが多いようです。

 

行くところによっては、自分で氷を購入していかないといけないところもあります。

 

事前に確認しておいてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「マイカ・スルメイカ釣りにあると便利なもの

ホーム