バッテリーの選び方!

エギング

バッテリーの選び方!

初めて電動リールを購入した人には、どのようなバッテリーを購入すればよいのかわからないと思います。

 

まず、バッテリーを購入する前に確認して欲しいことがあります。

 

予約する船が、電動リールを使えるようにしてあるのかどうかです。

 

使えるようにしてあるのなら、バッテリーを持参しなくてもよいです。

 

つまり、バッテリーを購入しなくてもよいということです。

 

 

電動リールを使える場合というのは、大きく分けると2つあります。

  • 船に電動リールのコードを取り付けるところがあり、そこにつなぐと電源が入ります。
  • 船に車用のバッテリーを積んでおり、そこにつなぐと電源が入ります。

 

おそらく、このどちらかです。

 

どちらの場合でも、バッテリーがなくても釣りはできます。

 

スポンサーリンク

 

 

もし、使えるようになっていないと言われたら、他の船に予約するか、バッテリーを購入するかのどちらかをしなければなりません。

 

もちろん、手巻きで釣りをするのなら別です。

 

鉛スッテやティップランなどは、手巻きで釣る人の方が多いです。

 

釣りものや釣り方によっても変わってきます。

 

 

大きく分けると、バッテリーには2種類あります。

 

コードを使うタイプ

 

船釣り イカ釣り バッテリー

 

簡単に言えば、原付バイク用のバッテリーに似ています。

 

異なるのは、電動リールのコードがつなぎやすくなっています。

 

このタイプは、長時間使用できます。

 

やや重たいので、運ぶのに不便です。

 

電動リールとコードでつなぐため、手持ちで行う釣りには不向きです。

 

 

 

 

コードを使わない(コードレスタイプ)タイプ

 

船釣り イカ釣り 小型バッテリー

 

コードを使わず、直接電動リールに取り付けます。

 

リールがやや重くなってしまいますが、それほど苦にはならないと思います。

 

最大の利点は、コードがないので、操作性がアップし、非常に釣りやすいです。

 

しかし、オモリの重さや潮の速さ、水深などによって異なりますが、バッテリー1個では途中で切れてしまう恐れがあります。

 

長時間はもたないと思ってください。

 

そうなると、複数個(最低でも2個)用意しなくてはなりません。

 

実は、コードを使うタイプのバッテリーに比べて、価格が高いです。

 

バッテリー本体と充電器を買わなくてはならません。

 

そこに、バッテリーも複数個持つとなれば、合計すると安い電動リールが買えるかもしれません。

 

 

アマゾンで他のバッテリーを見る!

 

 

船釣り イカ釣り バッテリー

 

メリットとデメリットを考えて、必要な方を購入すればよいと思います。

 

先ほどは、少し大げさに書きましたが、別にコードがあっても十分釣りをすることができます。

 

バッテリーを購入したくないのなら、電動リールが使える船を探すとよいでしょう。

 

予約の前に確認してみてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「マイカ・スルメイカ釣りに必要な釣り具(船)

ホーム