マイカ・スルメイカ釣りの竿(ロッド)の選び方!

エギング

マイカ・スルメイカ釣りの竿(ロッド)の選び方!

マイカ・スルメイカに使用する竿(ロッド)について、説明させていただきます。

 

竿選びは、硬さと長さで判断すればよいと思います。

 

ただ、絶対にこうでなければならないということはありませんので、好みで選んでください。

 

 

竿の硬さ

マイカ・スルメイカ釣り用に販売されている竿の中には、先調子になっている比較的硬めの竿が多いです。

 

では、柔らかめのムーチングロッドではいけないのかというと、決してそうとも言えません。

 

ここからは、私の経験に基づく話です。

 

正しいのか間違っているのかは別にして、参考にしていただけるところもあると思います。

 

 

マイカとスルメイカは、まったく同じ釣り方をするわけではありません。

 

よく似ていますが。

 

最大の違いは、マイカはスルメイカと違って、足が柔らかいので、足切れしないように注意して釣らなければならないということです。

 

スポンサーリンク

 

 

では、具体的にどのような竿を選べばよいのかみてみましょう。

マイカ釣り

 

マイカに使用する竿は、柔らかい竿の方がよいです。

 

硬い竿だと、少し無理をすれば、足切れが発生し、逃げられてしまいます。

 

その点、真鯛釣り用のムーチングロッドは、胴部分から曲り、柔らかいのでバレにくいです。

 

ただ、手持ちで誘ってマイカを釣る時にはやや難があります。

 

誘いをかけても、胴から曲がってしまいますので、誘いがかかりにくいです。

 

釣り方によっては、必ずしも胴調子の竿がよいとは言えません。

 

 

<置き竿で釣る>

 

主に、置き竿で当たりを待つような釣りをする人は柔らかい竿でもよいと思います。

 

魚釣りをされる方で、マイカ釣り用の竿を購入したくない人は、真鯛やアジ釣り用の胴調子の竿を使えばよいです。

 

オモリ負荷は、30号から50号ぐらいがいいです。

 

最近の真鯛用の竿は、オモリ負荷が50号から100号までと幅が広いです。

 

こう言った竿も、比較的柔らかいのでマイカ釣りに使えます。

 

私は、マイカ釣り用の竿を購入するまでは、ずっと真鯛釣り用の竿を使っていました。

 

特に、問題なく釣ることができました。

 

 

<手持ちで釣る>

 

手持ちの場合は、先調子の竿がよいです。

 

しかし、極端に硬い竿は、足切れの原因になりますので、あまりお勧めしません。

 

柔らかい竿でも、ある程度誘いがかかりますので、頑張れば使えなくはありません。

 

船釣り イカ釣り マイカ

 

スルメイカ釣り

 

スルメイカは足切れしませんので、比較的硬い竿でも問題なく上がってきます。

 

先調子の硬い竿の方がよいと言えます。

 

それに、スルメイカの方がマイカよりも、激しい誘いをかけた方がよく乗ることが多いことからも硬めの竿の方がよいと感じます。

 

ただ、あまり硬すぎると、イカが抵抗を感じてノリが悪くなる可能性がありますので注意が必要です。

 

 

しかし、柔らかい竿でも釣ることはできます。

 

マイカ釣りとスルメイカ釣りの両方をする人は、柔らかめの竿を使うとよいです。

 

そうすれば、わざわざ竿を別に購入しなくても済みます。

 

 

竿の長さ

あまり長すぎると、風や潮の流れなどによっては仕掛けを回収するのに手間取ってしまう可能性があります。

 

魚釣り用の竿を使用するのであれば、3mぐらいまでの竿の方が使いやすいです。

 

最近は短くても柔らかい竿がありますので、長い竿にそれほどメリットはないと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

おすすめの竿

現在、私はイカ釣り専用の竿を使っています。

 

当初、イカ釣り専用の竿を購入する気はありませんでした。

 

しかし、偶然釣具店で安くてよい竿を見つけ、思わず購入してしまいました。

 

メインの竿

multi solid−st−A 30−150 マイカ  
船釣り イカ釣り 竿 ロッド タックル  

 

MULTI Solid−ST−U 30−150です。

 

マイカやスルメイカ釣りに、メインとして使っている竿です。

 

胴はある程度しっかりとしていて、先はソリッドのため、当たりがとりやすいです。

 

ぴったりの硬さです。

 

しかも、全長が150cmと短いため、軽量で長い時間誘いをかけていても苦になりません。

 

仕掛けの回収も、竿が短いので楽ちんです。

 

また、価格は3,000円ほどと非常にリーズナブルです。

 

価格が価格だけに、少し安っぽいですが。

 

個人的には、とても使いやすくて気に入っています。

 

サブの竿

船釣り イカ釣り 竿 ロッド タックル 
船釣り イカ釣り 竿 ロッド タックル 

 

赤イカ・マイカ 180です。

 

MULTI Solid−ST−U 30−150を購入するまでは、この竿をメインとして使っていました。

 

こちらの竿の方が、若干長くて柔らかいです。

 

MULTI Solid−ST−U 30−150の方が短いので、仕掛けの回収や誘いが楽なのでメインで使っています。

 

十分に使える竿です。

 

それほど高い竿ではありません。

 

 

私が持っているロッドの新しいタイプのようです。

 

 

イカ釣り用として、このようなタイプの竿は何種類か販売されているようです。

 

 

ただ、これはあくまで経費をできるだけ抑えようという考えから購入した竿です。

 

実際のところ、価格は上がりますが、特に手持ち釣りを本格的にやりたいという人は、もっときちんとした竿を選んだ方がよいです。

 

軽さや感度、操作性などが比べ物にならないためです。

 

 

次のような竿がおすすめです。

 

「Aブリッツ夜イカ」(ダイワ)

 

夜イカ釣りの専用ロッドです。

 

大きく分けると、2種類の竿があります。

 

「73」は手持ちで積極的に誘って掛けていく釣りに、「64」は置き竿による電動スロー釣法に最適です。

 

釣り方により、使い分けるとよいです。

 

(メーカーHP)「Aブリッツ夜イカ」

 

「73」

 

 

「64」

 

 

 

「夜イカ BB」(シマノ)

 

夜イカ釣りの専用ロッドです。

 

グラスソリッドのため、繊細な当りも取ることができます。

 

軽く、操作性に優れています。

 

 

 

竿の長さや、調子、硬さなどから、自身の好みに合ったものを選べばいいです。

 

使いやすそうな竿を探してみるとよいかもしれません。

 

アマゾンでマイカ釣りで使える他の竿を調べる!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「マイカ・スルメイカ釣りの電動リールの選び方!

ホーム