イカ釣りの時期と時間帯

イカ釣りの時期と時間帯

イカの釣れる時期については、こちらを参考にしてください。

 

 

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

 

マイカ
 

                   

 

スルメイカ

 

                   

 

ヤリイカ

 

                   

 

タルイカ

 

                   

 

アオリイカ

 

                   

 

 

船釣り イカ釣り  よく釣れる 船釣り イカ釣り  釣れる

 

 

魚もそうですが、イカもその年によって釣れ出す時期がバラバラです。

 

いつから釣れるとは断言できません。

 

上の表は、あくまで私の経験上からの判断になります。

 

年や場所などによっても全然違います。

 

スポンサーリンク

 

 

マイカ釣りとスルメイカ釣り(鉛スッテ・イカメタル)の時期・時間帯

マイカとスルメイカでは、基本的にスルメイカの方が先に釣れ出します。

 

その後、スルメイカと入れ替わって、マイカが釣れ出します。

 

正しくは、スルメイカが深場に落ちていくようです。

 

浅瀬ではマイカが、深場ではスルメイカが釣れるようになります。

 

以前に、そのように教えてもらった記憶があります。

 

 

京都府や福井県では、マイカの方が好まれますので、マイカが釣れ出すとスルメイカを釣りに行く人は少ないと思います。

 

そのため、実際に深場でスルメイカがどれくらい釣れるのかや、いつまで釣れるのかがわかりません。

 

ただ、聞くところによると、寒くなってからでも数は落ちますが、釣れることは釣れるようです。

 

 

基本的には、マイカとスルメイカは日が暮れてからが本番です。

 

今までの経験上、日が暮れてからの数時間と夜明け前の数時間がよく釣れます。

 

鉛スッテ・イカメタルも同じです。

 

日中でも釣れなくはありません。

 

イカ釣り 時期 マイカ スルメイカ タルイカ

 

 

ヤリイカ釣りの時期

ヤリイカは、比較的寒い時期に釣れます。

 

10月から4月ぐらいまで釣れます。

 

上の表は、スペースの関係で1月と2月がありませんが、両月ともよく釣れる時期に当たります。

 

年によって、多少時期が前後することがあります。

 

寒い時期の夜釣りはかなり辛いですが、福井県などのヤリイカ釣りは昼釣りで行われます。

 

 

ヤリイカ釣りの時間帯は、釣りに行く場所や時期によって異なります。

 

マイカやスルメイカ同様、日が暮れてから狙われることが多いです。

 

しかし、寒くなってからは、日中に釣りに出る船があります。

 

 

タルイカ釣りの時期

タルイカは、年によって釣れる時期、釣れる数が全然違います。

 

ひどい時には、その年はまったくダメということもあります。

 

多くて2〜3匹、悪ければ坊主では、高いお金を出していく気がしません。

 

それなら、他のものを釣りに行った方がいいです。

 

タルイカは、しっかりと釣果情報を入手してから行くかどうかを決めた方がよいです。

 

もう少ししたら釣れるだろうと、早めに予約しておくと、まったく釣れていなくても釣りに行かなければならなくなってしまいます。

 

気を付けましょう。

 

 

タルイカは、エサで釣る場合も、ジグで釣る場合も、夜間に釣りに行くことがほとんどです。

 

日中に釣りに行くことは少ないと思われます。

 

 

アオリイカ釣り(エギング)の時期

どんどん人気が高まっているアオリイカ釣りについてはどうなのでしょうか?

 

船からは、ティップランで狙うのが定番になりつつあります。

 

ティップランは、船で釣れるポイントへ移動できるため、年中釣りをすることができます。

 

ただ、一般的には次の時期が狙い目です。

  • 春〜初夏・・・産卵期にかけて浅場にやって来た親イカがターゲットです。
  • 秋〜冬・・・孵化した子イカが成長して秋から釣れ出します。

 

春は大型狙い、秋は数狙いで行くとよいでしょう。

 

 

アオリイカは、エギングを始め、ティップランなど日中に釣ることが多いです。

 

しかし、ウキ釣りなど夜間に行われることもあります。

 

釣り方などで変わってきます。

 

 

コウイカ釣りについてはこちらを!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「イカ釣りに最適な日とは?天気、月の満ち欠け、潮の流れを考える!

ホーム