スルメイカのウキ釣り仕掛けと釣り方

エギング

スルメイカのウキ釣り仕掛けと釣り方

スルメイカのウキ釣り仕掛け

スルメイカのウキ釣り仕掛けについてご紹介しています。

 

探り釣り仕掛けよりも、根がかりする確率が低いだけに、初心者にはこちらの方がおすすめです。

 

 

ウキ釣り仕掛けは、次のとおりです。

 

スルメイカ ウキ釣り 仕掛け

 

 

ロッド

ロッドは、磯竿の1〜2号がおすすめです。

 

4〜5mぐらいの長さが使いやすいです。

 

エギングロッドでも問題ありません。

 

 

 

 

 

リール

リールは、バックラッシュのないスピニングリールを使います。

 

サイズは、2500〜3000番がおすすめです。

 

 

 

 

 

ライン

ラインは、ナイロンの2〜3号がおすすめです。

 

 

ウキ

ウキは、電気ウキの1〜3号を使います。

 

細身で2点灯のウキがよいです。

 

釣れるイカが小さい場合、ウキは小さい方が当たりを取りやすいです。

 

大きいと当たりが取りにくいだけでなく、イカが違和感を抱き、乗りが悪くなります。

 

ウキの大きさは、テーラとのバランスを考えて選びます。

 

 

ライト

ライトは、小型の水中ライトを使います。

 

 

ハリス

ハリスは、フロロカーボンの2〜3号を使います。

 

 

テーラ

テーラは、ワイヤーでエサを巻きつけて使います。

 

サイズは、2〜3号がよいです。

 

金串バリを使ってもOKです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スルメイカのウキ釣りの釣り方

スルメイカのウキ釣りの釣り方についてご紹介しています。

 

エサは、キビナゴやイワシなどがよく使われます。

 

 

釣り方は、次のとおりです。

 

ウキ釣りで最も重要なのは、ウキ下の調整です。

 

きっちりと棚が合わなければ、イカが乗ってきません。

 

始めは、竿の長さぐらいにしておきます。

 

当たりがなければ、どんどん棚を下げていきます。

 

あまり下げ過ぎると、底に付いてしまうので注意が必要です。

 

 

仕掛けを投入した後は、当たりを待つだけです。

 

イカがエサに抱きつくと、ウキが沈みます。

 

小さなイカの場合、ウキはある程度沈んでそのまま止まってしまいます。

 

逆に、大きなイカの場合、ウキが沈んだ後横に移動します。

 

 

当たりがあっても、強く合わせてはいけません。

 

バレてしまいます。

 

ゆっくりと巻いてくればよいです。

 

抜き上げの際にも、バラさないように注意します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヤリイカ釣りの船仕掛け

ホーム