鉛スッテの釣り方・誘い方3 イカメタルゲーム

エギング

鉛スッテの釣り方・誘い方3 イカメタルゲーム

鉛スッテの釣り方・誘い方をご紹介しています。

 

アクティブに誘った方がよい日もあれば、あまり動かさない方がよい日もあります。

 

どちらがよいのかは、実際にやってみないとわかりません。

 

そのため、正反対の2つの誘い方をマスターする必要があります。

 

鉛スッテ イカメタルゲーム

 

 

<動の誘い方>

 

狙う棚までスッテを沈めます。

 

狙う棚に到着すると、スッテを竿一杯まで素早く誘い上げます。

 

その後、ラインを張った状態で沈めます。(テンションフォール

 

そして、5秒ほど待ちます。

 

当たりがなければ、ここまでの動作を繰り返します。

 

フォール時に、当たりがあるのに乗らない場合は、フォールの最後に少し速めるとよいです。

 

 

<静の誘い方>

 

狙う棚までスッテを沈めます。

 

狙う棚に到着すると、スッテを竿一杯までゆっくりと誘い上げます。

 

その後、ラインを張った状態でゆっくりと沈めます。(テンションフォール

 

そして、何もせずそのまま当たりを待ちます。(少し長め)

 

当たりがなければ、再度これを繰り返します。

 

 

 

明確な当たりもありますが、わかりにくい当りもあります。

 

重みを感じたり、違和感を抱けば、迷わず合わせてみるとよいです。

 

仮に乗らなくても、それがよい誘いになることもあります。

 

 

先ほども言いましたが、日によってどちらがよいのかはわかりません。

 

もちろん、両方ともダメな日もあります。

 

そんな日は、軽めのシェイクを入れるなど、少しアレンジしてみるとよいです。

 

どのような誘いが効果的かは、やってみないとわかりません。

 

棚を一気に変えない!

 

浅い棚で好調に釣れ続けていても、急にぱったりと当たりが遠のくことがあります。

 

このような場合、どうしますか?

 

普通は、浅い棚で乗らないのなら、深い棚まで沈めて釣ろうと考えると思います。

 

釣れる棚を探すために、スッテを一気に底まで沈めることもあるでしょう。

 

しかし、この釣り方はよくないというのです。

 

それは、スッテを一気に底まで沈めると、イカがそれについて行ってタナボケを起こすためです。

 

タナボケを起こすと、当然棚が定まらず、まとめてイカを釣ることが難しくなります。

 

そのため、棚を変える場合は、一気に変えてはならないのです。

 

このことは、自分だけが守ればよいというわけではありません。

 

一緒に釣りに来ている人みんなが守らないと意味がありません。

 

みんなで棚を共有するようにします。

 

釣果アップのためには、このことは非常に重要です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ひとつスッテの仕掛けと釣り方

ホーム