鉛スッテ用リール、ライン イカメタルゲーム

エギング

鉛スッテ用リール、ライン イカメタルゲーム

鉛スッテ用リールとラインについて説明します。

 

リール

リールは、スピニングリールとベイトリールのどちらでもよいです。

 

軽い鉛スッテならスピニングリールの方が、重いものならベイトリールの方が適しています。

 

また、スピニングリールは素早くレンジを探れ、ベイトリールはレンジコントロールがしやすいです。

 

どちらのリールにも、それぞれメリットがあります。

 

経験者の中には、うまくリールを使い分けている人も。

 

スポンサーリンク

 

 

リールの大きさですが、スピニングリールなら2500番クラス、ベイトリールなら小型タイプがおすすめです。

 

ハイギアタイプでもよいです。

 

 

私は、水深が一目でわけるカウンター付きのリールが欲しくなり、少し前にリールを購入しました。

 

購入したのは、シマノの「バルケッタ BB 300HG」です。

 

PEのラインの色を見るよりも、正確で早いので大変便利です。

 

スピニングリールにこだわりがないのなら、カウンター付のベイトリールをおすすめします。

 

シマノの「バルケッタ BB 300HG」

 

 

 

他には、ダイワの「ソルティストICS 103SH」がおすすめです。

 

軽量コンパクトボディに、巻き上げスピードまでが表示される優れものです。

 

 

 

他に、次のようなリールがおすすめです。

 

 

 

スピニングリールでは、シマノの「BB-X ラリッサ 2500DHG」がおすすめです。

 

「BB-Xラリッサ」シリーズの特徴は、何と言っても軽量デュアルブレーキレバーが付いていることです。

 

このタイプは、磯釣りに使われることが多いです。

 

鉛スッテでは、フォール中の当りに対して、レバーを使うことで、素早く合わせることができるという大きなメリットがあります。

 

うまく使いこなせれば、釣果アップにつながります。

 

 

 

他に、次のようなリールがおすすめです。

 

 

アマゾンで他のスピニングリールを調べる!

 

アマゾンでベイトリールを調べる!

 

 

ライン

ラインは、PEを巻きましょう。

 

ナイロンやフロロカーボンは伸びますのでおすすめしません。

 

伸びると、誘いがあまりかからず釣れないことも。

 

それに、PEの方が当たりも取りやすいです。

 

 

太さは0.6〜1号がおすすめです。

 

初心者は0.8号、中級者以上は0.6号が一般的なようです。

 

糸巻量は、余裕を持って200m巻いておきましょう。

 

 

あと、mごとに色分けされているものを選びましょう。

 

鉛スッテは、イカがいる棚に仕掛けを投入できなければ、釣果が伸びない釣りです。

 

カウンターが付いていないリールを使う場合、色分けされていないと、狙っている棚に仕掛けを投入できませんので注意してください。

 

 

4本編み、8本編み、12本編みのものなど、いろいろとあります。

 

編んでいる本数が多いものは、比較的高くなります。

 

その分、滑りがよいので早く仕掛けを沈めることができるなどのメリットがあります。

 

特に、細くて滑りがよい点は大きなメリットとなります。

 

釣果にも影響を与えます。

 

たかがラインとバカにしてはいけません。

 

あまり安いラインはおすすめしません。

 

最低でも、8本編みのものを使いたいですね。

 

人気のあるラインをAmazonランキングで調べる!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「鉛スッテの仕掛け(リーダーなど) イカメタルゲーム

ホーム