コウイカとは?釣れる時期は?

コウイカとは?釣れる時期・時間帯は?

コウイカとは?

 

コウイカの名前の由来は、貝殻(甲)を持つイカというところからきているそうです。

 

コウイカは、スミをたくさん吐くことからスミイカとも呼ばれています。

 

そのため、釣り上げた後スミをかけられないように注意しなければなります。

 

もしかけられると、たいへんなことになります。

 

 

コウイカは、あまり泳ぐのが得意ではなく、底付近に生息しています。

 

掛かっても、それほど引きを楽しむことはできません。

 

どちらかと言うと、アオリイカ釣りなどで外道扱いされることが多いようです。

 

もちろん、本命でコウイカを狙う釣人もいます。

 

それは、見た目とは違って、食べると本当においしいためです。

 

特に、寒い時期は甘みが強く旨みが増します。

 

刺し身にしてもよし、煮つけにしてもよしです。

 

何でもおいしいです。

 

スポンサーリンク

 

 

最近は、コウイカ釣りに興味を持つ人が増えてきました。

 

今後も、これは続くと思われます。

 

コウイカ釣り 

 

 

釣れる時期・時間帯は?

 

コウイカがよく釣れる時期は2つあります。

 

1つは、5〜6月頃にかけての産卵期です。

 

そのため、この時期は親イカが釣れます。

 

もう1つは、10〜1月頃です。

 

この時期は、親イカではなく、新子イカがメインとなります。

 

 

寒い冬でも釣れないことはありません。

 

しかし、暖かい時期と比べると釣れにくいです。

 

冬に攻めるなら、水温が安定している日が狙い目です。

 

 

釣れる時間帯ですが、基本的には昼でも夜でも釣れます。

 

ただ、夜の方がよいように感じます。

 

小魚が集まってくる常夜灯周りを攻めると、比較的釣りやすいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「コウイカエギングの仕掛け

ホーム