マイカ・スルメイカ釣りにあると便利なもの

エギング

マイカ・スルメイカ釣りにあると便利なもの(船)

浮きスッテ置き

船釣り イカ釣り 浮きスッテ置き

 

仕掛けを回収した時に、浮きスッテを置くためのものです。

 

絶対必要なものではありませんが、ないと大変不便です。

 

浮きスッテの数が5個ぐらいまでなら、タオルを広げて置いておいても大丈夫ですが、10個前後になってくると、ちょっと厳しいです。

 

仕掛けを上げるたびに、絡まっていたのでは釣りになりません。

 

例え、浮きスッテ5個でも、持って行って損はないと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

グローブ

船釣り イカ釣り グローブ

 

イカが乗っていると、仕掛けを手で回収する時に、糸で指が切れてしまうことがあります。

 

また、浮きスッテの針で、指を刺すのを未然に防いでくれます。

 

グローブがあると、そのようなことから指を守ってくれます。

 

するかしないかは、自由です。

 

ちなみに、私はしていません。

 

 

帽子

船釣り イカ釣り 帽子

 

イカ釣りと言えば、基本的には夜釣りです。

 

それなのに、どうして帽子がいるのかと思われる人もいるかもしれません。

 

帽子を被っておくと、いろいろなメリットがあります。

 

  • 潮風で髪がベトベトにならない。
  • イカが墨を吐いても、髪につかない。
  • 船のライトから目を守ってくれる。
  • 雨が降った時に、レインウエアのフードが目のところまで下がってこない。

    (帽子とレインウエアのフードを2重に被る)

 

 

長靴

船釣り イカ釣り 長靴

 

夏は暑いので、サンダルなどで釣りをする人もいます。

 

特に、何を履いて釣りをしてもよいと思いますが、船の上は滑りやすいので、ゴム製のものを履いておくとよいです。

 

足を濡らしたくない人は、長靴を履いておいてください。

 

 

酔い止めの薬

船釣り イカ釣り 酔い止めの薬

 

船に酔う人は、乗る少し前に飲んでおいてください。

 

昼に酔わない人でも、夜に酔うことがあります。

 

おそらく、遠くの景色が何も見えないためではと思っています。

 

自信のない人は、念のために飲んでおいた方がよいです。

 

酔ってしまうと、釣りどころではありませんからね。

 

私の経験上、「アネロン」が1番よく効くと思います。

 

 

弁当・飲み物

最低でも6〜8時間以上は、船の上にいると思います。

 

お腹が減ったり、喉が渇く恐れがあります。

 

必要だと思う人は、事前にコンビニなどで購入しておいてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「マイカ・スルメイカ釣りの竿(ロッド)の選び方!

ホーム