スルメイカ釣り 船のスルメイカゲーム仕掛けと釣り方

エギング

スルメイカ釣り 船のスルメイカゲーム仕掛けと釣り方

船のスルメイカゲームの仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

スルメイカゲームと言っても、釣り方はいろいろとあります。

 

鉛スッテやエギを使う釣り方が人気です。

 

ここでは、テーラを使ったスルメイカゲームについて解説しています。

 

テーラとは、エサを巻きつけて釣ることができるイカ針です。

 

発光素材が使われているので、イカを寄せることができます。

 

 

船のスルメイカゲームの仕掛け

テーラを使ったスルメイカゲーム仕掛けは、次のとおりです。

 

スルメイカ釣り 仕掛け

 

 

ロッド

ロッドは、メバリングロッドを使うとよいです。

 

他には、アジングロッドやエギングロッドなども使えます。

 

使用するテーラの重さで判断するとよいです。

 

 

 

 

リール

スピニングリールでも、ベイトリールでもよいです。

 

軽くキャストするので、バックラッシュが心配な人はスピニングリールをおすすめします。

 

どちらのリールも小型で十分です。

 

スピニングリールなら、2000〜2500番が使いやすいです。

 

 

 

 

ライン

ラインは、PEの0.6〜0.8号がよいです。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの1.5〜2号(1m前後)を使います。

 

 

テーラ

テーラは、「ヤマシタ エサ巻テーラ」を使うとよいです。

 

重さは、潮の速さなどによって変わります。

 

 

 

水中ライト

水中ライトは、小型のLEDタイプのものがおすすめです。

 

大き過ぎると釣りにくいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

船のスルメイカゲーム仕掛けによる釣り方

船のスルメイカゲーム仕掛けによる釣り方についてご紹介しています。

 

始めに、エサについてです。

 

エサには、キビナゴを使います。

 

キビナゴの頭をフックの方に向けてセットします。

 

 

釣り方は、2つあります。

 

1つは、鉛スッテのように、仕掛けを足元に沈める釣り方です。

 

まず、仕掛けを目の前に投入し、狙う棚まで沈めます。

 

水深10mぐらいまでを探るとよいです。

 

基本的には、ゆっくりのただ巻きでよいです。

 

ゆっくり巻き上げてきて、水面まで上がってきたら、再度沈めます。

 

他には、何回かシャクッた後、止めて当たりを待つという誘い方もあります。

 

 

もう1つは、軽くキャストして、そのままラインを張った状態にして(カーブフォール)当たりを待つ釣り方です。

 

そのまま何もしないと、仕掛けは弧を描いてこちらの方に寄ってきます。

 

足下まで来れば、何回かシャクり上げてフォールさせます。

 

当たりがなければ、仕掛けを回収します。

 

再度、キャストします。

 

後は同じです。

 

スルメイカゲーム 仕掛け

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「マイカ釣りで足切れを防止する

ホーム