コウイカエギングの釣り方・誘い方

エギング

コウイカエギングの釣り方・誘い方

コウイカエギングのポイント

コウイカエギングのポイントについてご紹介しています。

 

基本的には、コウイカはどこででも狙えます。

 

堤防の先端・磯でも構いません。

 

ただ、コウイカは砂地を好むので、底が砂地の場所がよいです。

 

 

また、コウイカは砂に潜るなどにいるイカです。

 

アオリイカのように中層にはいません。

 

そのため、狙う棚は底ということになります。

 

底を攻める釣りなので、根がかりが多い場所では釣りにならないことがあります。

 

コウイカ 仕掛け

 

 

コウイカエギングのアクション

コウイカエギングの釣り方やアクションについてご紹介します。

 

まずは、足元から攻めてみるとよいです。

 

エギを沈めて、きっちりと底を取ります。

 

小突いては止めを繰り返すだけです。

 

この時、激しく誘いすぎないようにします。

 

コウイカは遊泳能力がそれほど高くありませんので、アオリイカ釣りのように激しくシャクると逆効果です。

 

活性が低い時はなおさらです。

 

 

当たりがなければ、ちょい投げ・投げで幅広く探ってみるとよいです。

 

キャストして、仕掛けが着底したのを確認します。

 

基本的な釣り方の流れは、次のとおりです。

 

ロッドを水平に横へ動かして仕掛けを引いてきます。

 

このようにすることで、エギがふわふわと水平移動します。

 

そして、ロッドを元の位置に戻します。

 

すると、エギは底に沈んでいきます。

 

その後、5〜10秒ほど止めて当たりを待ちます。

 

この一連の動きがコウイカへのよいアピールになります。

 

リールを少し巻いて、仕掛けを移動させた後、再び同じようにして誘います。

 

 

途中で、小突いてエギを軽く跳ねさせてもよいです。

 

スローで軽くシャクるのもありです。

 

 

常に仕掛けが底にあることをイメージして釣るようにします。

 

コウイカは、浮かせ過ぎると釣れません。

 

ただ、底を引く際には根がかりに注意が必要です。

 

 

コウイカは、乗ってもアオリイカのようには引きません。

 

感覚的には、ずっしりと重くなるだけです。

 

重みを感じたら合わせます。

 

コウイカはエギを横から抱いていることが多いので、強めに合わせてしっかりフッキングさせる必要があります。

 

わかりにくいことが多いので、違和感があったらどんどん合わせればよいです。

 

乗れば、緩めることなく同じ速さで巻き上げます。

 

 

コウイカは、誘い方が本当にシンプルです。

 

決してアオリイカのように難しい釣りではありません。

 

エギング初心者でも、比較的釣りやすいです。

 

 

釣果をアップするためには?

 

低水温時は、できるだけ底に近いところを引くようにする。

 

潮の流れが速い時はハリスを短めにし、緩い時は長めにしてゆっくり引いてくるようにする。

 

・根がかりが少ない場所では、イイダコ用の仕掛けで底ギリギリを攻めてみる。

 

活性が高い時は、エギなどを複数個付けてアピール度を高める。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「タルイカ釣りに必要な釣り具

ホーム