ひとつスッテの仕掛けと釣り方

エギング

ひとつスッテの仕掛けと釣り方

ひとつスッテとは、オバマリグとは違って、文字どおりスッテを1つだけしか付けません。

 

仕掛けは、一般リグと同じです。

 

 

ひとつスッテの仕掛け

 

ひとつスッテの仕掛けは、次のとおりです。

 

マイカ釣り ひとつスッテ

 

 

詳しくは、「鉛スッテの仕掛け(リーダーなど)の『一般リグ』」を参照!

 

リールは、スピニングリールでも、ベイトリールでもよいです。

 

ただ、キャストすることもありますので、スピニングリールの方が扱いやすいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

最近は、オバマリグの方が人気があるように感じます。

 

では、どうしてスッテが1つしか付いていないひとつスッテでイカを狙うのでしょうか?

 

それは、オバマリグにないメリットがあるためです。

 

ベタ底を狙いたい時

 

イカが底から浮いてこない時、シンプルなひとつスッテが有効です。

 

 

船下で当たりがない時

 

ひとつスッテなら、キャストして広範囲を探ることができます。

 

ヒットチャンスが大幅に増えます。

 

 

潮が速い時

 

潮が速い時、オバマリグの枝に付けたスッテを外すことで抵抗が減り、鉛スッテを交換せずに釣りが続けられます。

 

もちろん、いつもそうとは限りませんが。

 

鉛スッテを重くすれば、当たりが取りにくくなるなどのデメリットが発生します。

 

 

機敏な誘いを行いたい時

 

オバマリグだと、枝にスッテが付いているので、機敏な誘いをかけにくいです。

 

しかし、ひとつスッテなら、シンプルな仕掛けなので、機敏な誘いをかけても何の問題もありません。

 

 

どのような時がひとつスッテの出番かを知っておけば、ライバルに差をつけられるかもしれませんね。

 

ここぞという時には、チャレンジしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

基本的な釣り方は、次のとおりです。

 

斜めに探る!

 

ひとつスッテ カーブフォール

 

キャストして、狙い棚までフリーフォールで沈めます。

 

狙い棚まで沈めば、そこからシェイクしながらカーブフォールで当たりを待ちます。

 

仕掛けが、船の下に来るまで続けます。

 

当たりがなければ、仕掛けを回収し、再びキャストします。

 

先ほどとは異なる棚を狙ってみてもよいです。

 

こうすることで、斜めに探ることができます。

 

 

底を探る!

 

ひとつスッテ カーブフォール 底

 

キャストして、底までフリーフォールで沈めます。

 

着底後、誘い上げてスッテを浮かせ、その後底までカーブフォールで誘います。

 

誘い上げるのは、竿1本分でも30cmほどでもよいです。

 

その時、シャクリをいれたり、ゆっくり誘い上げてもよいです。

 

仕掛けが、船の下にくるまで続けます。

 

こうすることで、底を探ることができます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「シロイカエギングの仕掛けと釣り方

ホーム