ムギイカメタルの仕掛けと釣り方

エギング

ムギイカメタルの仕掛けと釣り方

最近、ムギイカをイカメタルで狙う釣り人が増えています。

 

ゲーム性の高さが人気の理由です。

 

ここでは、ムギイカメタルの仕掛けや釣り方などをご紹介しています。

 

 

ムギイカとは?

 

ムギイカとは、初夏(麦の収穫時期)に釣れる小さいスルメイカのことです。

 

胴長は、20cm以下のものです。

 

非常に身が柔らかくておいしいです。

 

スポンサーリンク

 

 

ムギイカメタルの仕掛け

 

ムギイカメタル

 

 

仕掛けは、オバマリグがおすすめです。

 

ロッド

イカメタル専用の竿がおすすめです。

 

穂先の感度がよく、やや硬めの竿なら代用可です。

 

 

リール

小型のスピニングリールでもベイトリールでもよいです。

 

ベイトリールは、カウンター付のものがおすすめです。

 

 

ライン

ラインは、PEの0.6〜0.8号を使います。

 

 

スッテ・エギ

枝には2〜2.5号のエギ2.5〜3号の浮きスッテを付けます。

 

鉛スッテは10〜20号を使います。

 

グロー系などが人気です。

 

 

その他

エダスは短い方がよいです。

 

 

ムギイカメタル

 

スポンサーリンク

 

 

ムギイカメタルの釣り方

 

船長の指示棚を中心に探ります。

 

船のライトにイカが集まって来ると、だんだん棚が浅くなる傾向にあります。

 

ただし、一定時間が経つと、急に上での乗りが悪くなることがあります。

 

その場合は、少し深めを中心に棚を探る必要があります。

 

 

誘い方ですが、ムギイカ(スルメイカ)はマイカと違い、機敏な動きに反応を示します。

 

そのため、やや激しめの誘いの方が効果があります。

 

スッテやエギの動きにメリハリをつけるとよいです。

 

 

<基本的な誘い方>

 

・動かしだしはやや速めでステイ。

 

・数mのフリーフォール後にステイ。

 

・数回ワンピッチジャークを行って、ステイ。

 

・数回シャクッてステイ。

 

2〜3回リールを巻いて、また繰り返す。

 

 

いろいろ誘い方はあります。

 

速い動きの後のステイ」がやはり重要です。

 

早く、その日のヒットパターンを見つけることです。

 

ヒットパターンがわかると、爆釣も夢ではありません。

 

 

当たりは小さいことが多いので、わずかな当たりでも見逃さないように注意が必要です。

 

当たりがあれば、即合わせします。

 

ムギイカ(スルメマイカ)はマイカと違い、足切れしませんので、ラインさえ緩めなければバレることはほとんどありません。

 

乗れば、一定の速さでどんどん巻き上げるとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヤリイカのイカメタルの仕掛けと誘い方

ホーム