ヤリイカの船釣りの釣り方

エギング

ヤリイカの船釣りの釣り方

ヤリイカの船釣りの昼における釣り方についてご紹介しています。

 

ヤリイカのポイントは、深いところが多いです。

 

水深100m以上が当たり前です。

 

ヤリイカはベタ底にいることが多いので、当然攻めるのもベタ底です。

 

ヤリイカ釣り 釣り方

 

 

釣り方については次のとおりです。

 

まず、仕掛けを投入し、底へ沈めます。

 

ベタ底で釣ることが多いですが、船長の指示に従います。

 

底(指示された棚)まで沈めると、さっそく誘い始めます。

 

 

基本的な誘い方としては、竿の上げ下げだけで十分です。

 

少し速めに上げたり、段階的に上げたり、スローで上げたりなど、強弱をつけます。

 

下げる時も、同様にいろいろと工夫します。

 

ただ、あまり激しく誘わない方がよいです。

 

 

誘った後は必ず止めるようにします。

 

誘い続けると、イカが乗るタイミングがありません。

 

そのため、イカが乗る間を与えてやります。

 

 

釣れない時は、10mほど勢いよく巻き上げた後に、フォールさせるとよいことも。

 

ベタ底を攻めるだけに、誘い方はある程度限られてきます。

 

やれることはやった方がよいです。

 

 

当たりがあれば、ゆっくりと巻きあげ、追い食いを狙うとよいです。

 

数m巻いて乗ってこなければ、仕掛けを巻き上げます。

 

巻き上げる際には、糸を緩めないようにします。

 

 

ある程度の時間釣っていると、乗りが悪くなることがあります。

 

そのような場合は、変化を付けるために、プラヅノや浮きスッテなどを交換してみるとよいです。

 

色や形を変えるだけでも効果はあります。

 

いろいろとやってみてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「イカメタルゲームが今大人気!若狭湾が熱い!

ホーム