ティップランエギングの仕掛けとおすすめのエギ・シンカー

エギング

ティップランエギングの仕掛け(エギ・シンカーなど)

ティップランエギング仕掛けについて説明します。

 

ティップランエギング 仕掛け

 

仕掛けと言っても、リーダーとエギをつなぐだけです。

 

本当に簡単なものです。

 

スポンサーリンク

 

 

中オモリを使用する、このような釣り方もあります。

 

シロイカエギングの仕掛け

 

 

エギ

 

エギには、エギング用のものとティップラン専用のものがあります。

 

基本的には、どちらでも問題なく釣れます。

 

 

しかし、ティップラン専用のものの方がよいです。

 

普通のエギより、重めに作られています。

 

そのため、当たりが取りやすいのです。

 

シンカーを装着すれば、エギング用のものを重くすることもできます。

 

また、少しのロッドアクションで、エギがよく動くように設計されています。

 

 

エギのサイズは、2.5〜3.5号が最適です。

 

重さは25〜50g(特に30gと40gはよく使う)です。

 

ただ、その日の潮の速さや水深によっても、エギのサイズは変わってきます。

 

底が取りにくい場合は、エギに付けられるシンカー(10〜15g)を付けるとよいです。

 

ティップランエギング シンカー

 

 

エギの色については、ゴールドやシルバー、パープル、オレンジなどがよいという声を聞きますが、絶対とまでは言えません。

 

日によって、反応がよい色があると思いますので、いろいろ用意しておいてください。

 

周りでよく釣っている人のエギの色をマネるとよいです。

 

 

リーダー

 

リーダーは、フロロカーボンの2〜2.5号3mほど取るとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ティップランエギングの釣り方・テクニック

ホーム