タルイカのエサの種類とつけ方

エギング

タルイカのエサの種類とつけ方

タルイカのエサの種類とつけ方について説明します。

 

 

タルイカのエサの種類

まずエサに何を使うかです。

 

エサとしては、サンマスルメイカがよく用いられています。

 

サンマは、生より塩さんまの方がエサ持ちがいいです。

 

 

サンマやスルメイカは、丸ごと1匹をそのまま使います。

 

切り身や短冊を針に付けて釣るということはよくあるかもしれませんが、1匹丸ごとを使うということはあまりないと思います。

 

それだけ、釣りの対象になっているタルイカ自体が大きいということです。

 

 

どちらの方がノリがよいのかは、その日の状況によって異なります。

 

私は、ほとんどサンマで釣っています。

 

以前に、釣り船でスルメイカを用意してくれ、使ってみるとタルイカが釣れたという経験があります。

 

その時は、サンマのノリがイマイチでした。

 

たまたまかもしれませんが、スルメイカの方がよいという場合があります。

 

ただ、どちらか1つを選ぶとなれば、サンマを選ぶと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

タルイカのエサのつけ方

タルイカ針は、このような針です。

 

タルイ釣り 仕掛け タルイカ針 

 

針は、サンマやスルメイカを丸ごと取り付けることができるぐらいの大きさがあります。

 

 

エサは、次のように取り付けます。

 

<サンマ>

 

 タルイ釣り 仕掛け タルイカ針 サンマ

 

X タルイ釣り 仕掛け タルイカ針 サンマ

 

針は、サンマの口から入れて、尻尾の方から出します。

 

こうすることで、エサが長持ちします。

 

お尻の穴からは出しません。

 

お尻の穴は弱いので、すぐにエサが針から外れてしまいます。

 

 

<スルメイカ>

 

 タルイ釣り 仕掛け タルイカ針 スルメイカ

 

スルメイカの口から針を入れ、耳の先付近から針を出します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「タルイカジギングの仕掛けと釣り方

ホーム