ティップラン(エギング)とは

エギング

ティップラン(エギング)とは

エギングは、「オカッパリ」と「船・ボート」に別れます。

 

「オカッパリ」とは、陸から釣りをすることです。

 

そのため、「オカッパリ」では基本的にエギをキャストし、誘いながら巻いてきます。

 

「フォール」「ジャーク」とエギを常に動かして釣るのが特徴です。

 

ティップランエギング 

 

 

一方の「船・ボート」では、「キャスティング」「ティップラン」が主流ですが、それ以外にもいろいろな釣り方があります。

 

「キャスティング」は、「オカッパリ」とほとんど同じです。

 

スポンサーリンク

 

 

「ティップラン」は、「キャスティング」とまったく異なる釣り方です。

 

必ずキャストするわけではありません。

 

潮があまり流れていない時など、軽くキャストすることはあります。

 

 

基本的には、エギを真下に落とし、底に付いたらシャクリながら、狙っている棚まで巻き上げます。

 

そして、ステイ(静止)します。

 

後は当たりを待つだけです。

 

「キャスティング」のように動かすことはしません。

 

 

「ティップラン」も誘って釣るものだと思っている人が、多いかもしれません。

 

実は、私もその1人でした。

 

釣り方を知れば、どのような釣り具(特にロッド)が使えるのかなど、いろいろとわかってきます。

 

まずは、釣り方を知るところから始めましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ティップランエギングロッド(タックル)でおすすめは?

ホーム