マイカ釣り釣果情報(2018年9月14日)福井県小浜

エギング

マイカ釣り 福井県小浜での釣果(2018年9月14日)

日時 2018年9月14日 16時〜24時30分
人数 4人
ポイント 福井県小浜沖
釣り方 マイカ仕掛け(浮きスッテ・鉛スッテ)

天気

 

 

 

0.5m

 

普通

 

弱い

仕掛け

マイカ仕掛け

竿 MULTI Solid−ST−U 30−150
リール シーボーグ300FBe
2.5号〜3号スッテ 10本
ハリス 6号
2〜3cm
間隔 150cm
オモリ 80号

 

仕掛け

鉛スッテ仕掛け

竿 セフィア SS メタルスッテ B608ML-S
リール バルケッタBB 300HG
鉛スッテ15号・エギ2号
ハリス 3号
ショートタイプ(市販のもの)

 

スポンサーリンク

 

最近、マイカがよく釣れているという情報が入っていましたので、目標は100杯にしました。

 

前回は潮が速すぎて釣りになりませんでした。

 

今回も潮だけが心配です。

 

潮次第では釣果が大きく変わりそうです。

 

 

午後4時ごろに出船しました。

 

天気は雨だったのですが、波と風はありませんでした。

 

過去の経験から、意外と雨の日の方が釣果がよいことが多かったので、雨はまったく気になりませんでした。

 

1時間ほどでポイントに到着しました。

 

 

鉛スッテから始めました。

 

まだ明るかったのもあって、最初は当たりがありませんでした。

 

当たりがあったのは、日が暮れて船のライトを点灯後しばらくしてからでした。

 

シャクッた後、止めて当たりを待っていると、竿先が小さく曲がる当たりがありました。

 

軽く合わせて、リールを巻き上げました。

 

25cmほどの小さなマイカでした。

 

 

今日は釣れそうだと思って、再度仕掛けを投入すると、急に仕掛けが軽くなりました。

 

食い上げかと思ったら、仕掛けが切られてしまっていました。

 

船長に聞いたところ、最近サゴシ(小型のサワラ)がマイカを狙ってたくさん集まってきているので、サゴシにやられた可能性が高いとのことです。

 

鉛スッテはキラキラ光るものが多く、サゴシにやられやすいので、浮スッテ仕掛けで釣った方がよいと勧められました。

 

それに、浮スッテの方が効率的に数を伸ばせるということでした。

 

 

ここからは、浮スッテでマイカを狙うことにしました。

 

仕掛けを投入して、しばらくすると当たりがありました。

 

足切れ防止のため、ゆっくり巻き上げると、マイカが3杯乗っていました。

 

サゴシがマイカに食いつかないかと心配でしたが、意外と被害は少なかったです。

 

マイカは大丈夫だったのですが、仕掛けを1度切られてしまいました。

 

私はまだマシで、仲間は4度もやられていました。

 

 

マイカが好調に釣れるので、サゴシのことはあまり気になりませんでした。

 

仕掛けを40m付近まで沈めて、そこからゆっくり巻き上げるだけでマイカが乗りました。

 

しかも、ある程度スピードを落として巻き上げるので、うまくいくと4〜5杯乗ることもありました。

 

全体的には1〜2杯が多かったです。

 

最初から最後まで釣れ続けましたので、目標の100杯を超えることができました。

 

久々の爆釣です。

 

これぐらい釣れると、マイカ釣りは最高ですね。

 

私の釣果

 

マイカ釣り 釣果

 

マイカ103杯 15〜40cm 

 

 

スポンサーリンク

 

 

釣行写真

 

マイカ釣り 釣果

 

マイカ釣り 釣果

 

 

 

 

 

次へ 「マイカ釣り釣果情報(2017年7月23日)京都府中浜

ホーム