鉛スッテ用ロッド(タックル) イカメタルゲーム

エギング

鉛スッテ用ロッド(タックル)イカメタルゲーム

鉛スッテ用ロッドについて説明します。

 

先調子の比較的柔らかいロッドが使いやすいです。

 

鉛スッテ用の専用ロッドが、販売されています。

 

釣具店でロッドを手に持って見た時、非常に細く柔らかく感じました。

 

 

初めて鉛スッテに挑戦した時は、自宅にあった船竿を持って行ったのですが、少し硬かったのでうまく誘いがかけられませんでした。

 

ロッドをシャクると、ロッドの反発力が強すぎて、鉛スッテが飛び跳ねてしまいました。

 

イカの小さな当たりが、まったくわかりませんでした。

 

船長には、そのロッドではダメだと言われてしまう有様です。

 

 

船長に話を聞くと、必ずしも専用ロッドでないといけないわけではないようです。

 

エギングロッド、ティップランロッド、アジングロッド、タイラバロッドなどが流用できるそうです。

 

長さは、7フィート前後が使いやすいといいます。

 

スポンサーリンク

 

 

あと、スピニングタイプのロッドにするのか、ベイトタイプのロッドにするのかですが、別にどちらでも構いません。

 

スピニングタイプは、レンジを素早く広く探りやすいです。

 

一方のベイトタイプは、巻き上げが楽で、繊細なレンジコントロールが可能です。

 

それぞれの特徴を把握して、使い分けてもよいですね。

 

 

私が購入したロッドは

 

「MajorCraftのCROSTAGE「CRJ-B662NS/TR」

 

です。

 

 

このロッドは、鉛スッテとティップランの両方で使えます。

 

この時、釣具店に何本かロッドはあったのですが、実際に手で持ってみて使いやすそうなものを選びました。

 

特に、こだわったのは穂先の柔らかさです。

 

硬いと繊細な当たりが取れないと思い、できるだけ柔らかいものを探していました。

 

このロッドは、価格の割に柔らかくて気に入りました。

 

柔らかいロッドは、比較的高額になる傾向にあるようです。

 

 

 

鉛スッテ用ロッド(タックル) イカメタルゲーム

 

鉛スッテ用ロッド(タックル) イカメタルゲーム

 

昼から夕方まではティップランでアオリイカ狙い。夕方から夜にかけては鉛スッテでイカメタル。そんなイカにどっぷりハマったイカまみれなアナタに最適なシリーズ。もちろん、ティップラン、イカメタルの入門ロッドとしてもオススメ。繊細さと高感度を併せ持つティップ部は、目感度を重視したホワイトペイント仕様。ガイドはKRコンセプトを採用し、糸絡みを軽減。さらにベイトモデルは、アクション後の糸フケによるティップ絡みを軽減するスパイラルガイドセッティングで、強風時やビギナーにも安心の出来栄え。1本で2度楽しみたい、よくばりなアングラーに是非使って頂きたい。

 

最大の特徴はスパイラルガイドセッティング。ティップ絡みを極限まで軽減させることができる。アクション後の糸フケが絡んでしまうトラブルを経験したアングラーも少なくないはずだが、これなら安心。ベイトモデルのメリットとして、ティップランではディープの釣りに対応するバットパワー、イカメタルでは手返しの良さが上げられる。
Length(ft):6.6・EGI(g):MAX60・SUTTE(号/g):5-15/20-60・PELine(号):0.4-1・Action:EX.FAST

 

(メーカーHPより)

 

 

 

柔らかめのロッドが欲しかったので、少し前に「セフィア SS メタルスッテ B608ML-S」を購入しました。

 

非常に繊細な当たりもわかるようになりました。

 

おすすめです。

 

 

ロングソリッド乗せ調子ベイトモデル

 

超しなやかな[タフテックα]を長めにセッティングし、あえてベリーにも少しだけしなやかさを持たせた乗せ調子設計。ディープエリアや重めのスッテも想定しており、10号前後から20号までの幅広いサイズのスッテやオモリグに対応。さらにティップからベリーへとスムーズに曲がるので船の揺れが大きい状況でもスッテを安定させることが可能。スッテのサイズや海の状況に左右されにくい懐の深いモデルです。

 

(メーカーHPより)

 

 

 

従来は“乗せ調子”のロッドが主流でしたが、最近ではイカを掛けて釣っていくスタイルが人気です。

 

そのため、高感度で張りがあるロッドがおすすめです。

 

高額ですが、「エバーグリーン ポセイドン スキッドロウ インペリアル NIMC-61ULST MSダンサー61」が使いやすいです。

 

操作性も抜群によいです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

鉛スッテのロッドでおすすめは?

鉛スッテの人気が高まり、どんどん鉛スッテ専用のロッドが登場してきました。

 

ただ、先ほども述べたように、必ずしも専用ロッドでなくてもよいです。

 

代用できそうなロッドの中に、使いやすそうなものがあれば、そちらを選べばよいのです。

 

専用ロッドにこだわる必要はありません。

 

 

ここでは、専用ロッド以外でなくても、使えそうな1本をご紹介しています。

 

参考にしていただければと思います。

 

メーカー ロ  ッ  ド  名 特            徴
ダイワ ソルティスト AGS SQ

スーパーメタルトップとAGSが採用されいる超高感度ロッドです。72XULS-SMTがおすすめです。

 

ダイワ エメラルダス IM

「ひとつスッテ」に最適で、掛ける楽しさを味わえるロッドです。価格もお手頃です。

 

メーカーHP:エメラルダス IM

 

シマノ セフィアCI4+ボート

軽量で、目感度と操作性を追求した専用ロッドです。B606ML-Sがおすすめです。

 

メーカーHP:セフィアCI4+ボート

 

シマノ セフィア エクスチューン

軽快な操作性が実現され、超しなやかソリッド穂先で目感度がさらに向上しました。S605ML-S、B605M-Sがおすすめです。

 

メーカーHP:セフィア エクスチューン

 

メジャークラフト ソルパラ

初心者にも扱いやすい仕上げになっており、何と言っても安いのでお財布に優しいです。柔らかめの調子になっています。

 

メーカーHP:ソルパラ

 

メジャークラフト クロステージ

初心者にも扱いやすい仕上げになっています。少し硬めの調子になっています。ティップランとの兼用も可能です。

 

メーカーHP:クロステージ

 

バレーヒル レトロマティック イカメタル

初心者から上級者まで納得できる、コストパフォーマンスに優れたロッドです。

 

バレーヒル レトログラードX

高感度の穂先を備えた、エキスパートアングラー仕様のロッドとなっています。

 

 

他の鉛スッテ用のロッドをアマゾンで探す!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「鉛スッテ用リール、ライン イカメタルゲーム

ホーム