イカの干物(天日干し)の作り方

エギング

イカの干物(天日干し)の作り方

イカの干物の作り方をご紹介します。

 

まず、釣りたてのイカ(スルメイカやマイカなど)を用意します。

 

釣り上げてからは、真水が直接かからないようにしてください。

 

そのため、釣ったイカは袋に入れてからクーラーボックスに入れます。

 

釣りに行った時に、ペットボトルに海水を入れて持って帰ってください。

 

 

帰宅後、イカを開いて、内臓や口などを取り除きます。

 

吸盤も処理します。

 

最後に、持って帰ってきた海水で、きれいに汚れなどを洗い流してください。

 

基本的には、これで干せばよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

海水がない場合や自分好みの味付けにしたい場合は、お好みの濃さの塩水を作って、しばらく浸けておきます。

 

ここは、好みによって変わってきます。

 

 

あと、イカがカールしないように、串でイカを開いた状態にしておくとよいです。

 

これもお好みですね。

 

 

私はこのような干物専用のかごを使います。

 

洗濯物干しとうまく組み合わせて使っています。

 

これなら、どこにでも干せます。

 

ハエなどの虫が入れないので、衛生的によいです。

 

マイカ釣り 干物 天日干し

 

マイカ釣り 干物 天日干し

 

 

干す場所は、日当たりのよい場所です。

 

干す時間ですが、私は時間ではなく、イカの表面が乾くまで干しています。

 

ただ、日が陰るまでに乾かない時は、イカをラップにくるんで冷蔵庫に入れます。

 

冷蔵庫で、乾燥させます。

 

と言うのも、過去に翌日まで干したままにして、腐らせてしまった苦い経験があるためです。

 

長時間欲し過ぎると、腐ってしまう可能性があります。

 

気を付けてください。

 

これで出来上がりです。

 

 

いつも焼いて食べています。

 

お好みでマヨネーズを付けてよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「アニサキスに感染したイカの対処法!加熱や冷凍が有効?

ホーム